これは私ですか?(2期)

私ではないだろうか

かっこいいよねっていう話

 

今日は今までの戦いに一旦区切り(仮)が付いた日だった。

 

まあそれはさておき、私はアクアフレッシュを偏愛している。

アクアフレッシュ。

あの赤と青と白のストライプの歯磨き粉。アクアフレッシュとの出会いは私が幼稚園児の時だ。親の仕事の都合で少しだけ欧州に住んでいた時、私は初めてアクアフレッシュと出会った。それまで白い歯磨き粉しか知らなかった私は、三色ストライプの歯磨き粉に凄まじい感動を得た。「こ、これが海外のオシャンティーな歯磨き粉…!」と子供ながらにカルチャーショックを受けた。色が白だけじゃない…?何か知らんけどチューブの中に三色混じらずに入っとる。どういう事やこれはどうなっとんのや。と考えたかまでは流石に覚えていないが、三つ子の魂百まで、どうせ幼稚園児の私もこんな事を考えたに違いない。そして「海外=何か取りあえずスゲーかっこいい」という幼い私の脳内方程式により、アクアフレッシュはかっこいい歯磨き粉にカテゴライズされた。それきりアクアフレッシュは私にとってモスト・かっこいい歯磨き粉なのである。

日本でもアクアフレッシュが売られていると気付いたのは、小学生の時だったと思う。アクアフレッシュが日本でも売られてるだとぅ!?お父さんお母さんアクアフレッシュだよ買おうよかっこいいよといくら提案しても、親はアクアフレッシュは少し高いという理由で買ってはくれない。それに我が家はお小遣い制ではなかったのでアクアフレッシュを買うお金もない。大学に進学するまで私は単一色の歯磨き粉を真顔で使い続けた。

で、大学に進学した訳である。一人暮らしが始まる時、最初に買った歯磨き粉は勿論アクアフレッシュ。アクアフレッシュとの蜜月。アクアフレッシュ最高かよ…ストライプがある…ストライプが…歯磨き粉にストライプが…オイ…最高じゃねえか…どうなってんだ全く…オイオイオイ…すげえなオイ…。迫りくるボキャブラリーの貧困!日本の若者よどうなる!?みたいな表現で申し訳ないのだが、これ以上の表現は出来ない。この表現が当時の心持ちを本当に的確に表現しているからだ。

 

だが、そんなアクアフレッシュとの蜜月は長くは続かなかった。第三者の介入が起こったからである。例えば兄弟、例えば友人、例えば恋人、何でもよい、とにかく第三者の介入で私とアクアフレッシュの蜜月は儚く終わりを告げるのである。どゆことって、第三者は、なるべく内部のストライプ柄を崩さないようにチューブを端っこからそっと押してた私の苦労を容易く葬り去りやがるのだ。つまり、チューブの端から丁寧に押すのではなく、無造作にチューブのど真ん中に指を押し付け、歯磨き粉を押し出すのだ。もうアレをやられたらダメ。アレをやられたら終わり。ジ・エンド。アウト。最後の審判起こるでしかし。天使が終わりのラッパ吹くで。いやさ、あのねー、あれやられたらさあ、ストライプがさぁ、なくなるの!分かる!?中で歯磨き粉が混ざるわけ!結果何かよく分かんない色になっちゃうわけ!アクアフレッシュの何が良いってあの素敵ストライプだろ!トリコロールなストライプが最高なんだろ!?それを失くすってほんと何を考えてんのかマジで分かんないし普通ちょっと考えたら分かるだろふざけてんのかいい加減にしろ!!とは第三者に言う事は出来ない勇気の徳なきわたしであるので、黙って既に損なわれてしまったアクアフレッシュを見つめるしか出来ない。凄まじい哀しさと怒りとストレスが生じる。アレほんと人道に反する罪だわ…何なのほんとに…アクアフレッシュ…好きだ…マジで好きだ…結婚してくれ…一緒に四畳半に住もう…一緒に銭湯に行って私が出てくるのを待っていてすっかり冷えたアクアフレッシュの肩を抱きたい…アクアフレッシュの華奢に見えて実は豊満なナイスバデーな身体を…こう…グッと…押したら…アクアフレッシュの中身がアークアフレーーーーエイシュ。エイシャア。なんかもう疲れたので寝ます。

 

 

 

 

 

 

 

苦手だっていう話

 

今日はブログを書こうと思った。

 

二日連続でブログを書くとは中々殊勝だ、私。こんな事では誰も褒めてくれないので自画自賛をしておく。ご褒美に今さっき発見したアイスクリームでも食べようと思う。周囲の人間が誰も私を褒めてくれないので、いつの間にか下らない事でも自画自賛する癖がついてしまった。これは私の周囲が私を褒めてくれないのが悪い。私は悪くない、悪くないのよ!サイコパスとか気持ち悪いとか言われるけれど、私は清廉潔白ピュワー人間なのよ!社会が悪いのよ!ギャース!

こんな感じで適当に社会に責任を擦り付けておく。私ごときに責任を擦り付けられる社会には同情を禁じ得ない。許せ、社会。

 

昼過ぎにチャイムの音で起きた。チャイムって本当に嫌だ今日は不吉な日だと思いつつ寝巻のままで応対した。訪問者には失礼だが待たせる方がもっと失礼だろうし、などと誰にという訳でもなく言い訳をしつつ、「すみませへん」と言いながらドアを開けた。その途端、宅急便の配達員に実家から届いた段ボール箱を手渡された。は、そういえば親からの電話で今日届くように荷物を送ると言われていたのだ。すっかり忘却の彼方に置き去りにしていた。よろしくない。とりあえず親に「荷物届いたよありがとう」とメールを送る。どうだ、殊勝な子供だろう。ドヤァドヤァ。だが何故か段ボールを開ける気にならなかったので、そのまま放置した。

チャイムと電話の着信音がどうも苦手だ。勿論それらが決定的に苦手になった出来事がそれぞれにあるのだが、それらの出来事が起こる前からやっぱり苦手だった。つまり、産まれた時から根がコミュ障である私にとって嫌な音っていうだけなんだけど、とにかくどちらも私にとって不吉で不快で恐ろしい音なのである。早くそういう応対とかやってくれるアンドロイド出来ねえかな、見た目が16歳の美少女だったら尚良しだよな等と考えつつ送られてきた段ボールを茫漠と見ていたら、いつの間にか結構時間がたっていた。

 

起き抜けにその不吉さが予言された今日は、予言に反して普通だった。

 

 

 

知るかよっていう話

 

 

今日はブログを始めた。

何で始めたのかなーなどと思う訳だが、知らねーよという解答が脳みそのシナプスから跳ね返ってくるので、分からないというのが現時点での正直なところである。一般的な表現で言えば気分だよねっていうかノリだよねオライオライ人生ヒャッハーみたいな。

 

遠い昔、知るかよって感じだろうけど実はブログを書いていた。だが結局記事(でいいのだろうか?)を5つくらい書いたら、書きたいことが潰えた。そして更新も同時に潰えた。ブログへの熱意はその程度だ。あと去年日記帳を買ったのだが、買ったその日に日記を書いて、その半年後位に1日分だけ書いたら1年が終わっていた。お金を無駄に使って得た教訓は「私は日記のようなものを書くのが苦手なのだ」という小学生の時には既に分かっていたものだった。なんなんだよほんとに。怒るぞ。往々にして貨幣の無駄遣いをし続けそしてそれにより得る教訓は、「前から知っとるわそんなこと!」みたいなものばかりの人生である。は?ほんとなんなの。マジでブチ切れそうなんだけど。どうしてくれんの自分。

自己への非常に下らない怒りは踊って発散するので置いておく。何が言いたかったというと、本ブログは、この記事を書いて終了です!あばよこの野郎好きだ結婚してくれ!という末路を辿る可能性が高いという言い訳をしたかった。そもそもこのブログを読んでくださるような人間が果たして存在するのかという謎はあるのだが、一応の言い訳を書いておく。

 

今まで私のSNS生息地はツイッターのみであった。大体いつもツイッターで低レベルのポケモンみたいに鳴き声ばかり上げていたり、美少女が大好きだとか美少女に関する妄想だとかそういう愚にも付かないツイートばかりしている。いやむしろ人間に対して百害あって一利なしみたいな変態的ツイートばかりしている。誠に申し訳ございませェェェん!と叫びながらジャンピング土下座をしないと許されない気がするが、フォロワー諸氏の優しさに甘えて謝るどころか調子に乗って変態的ツイートをし続けている。

ツイッターは当たり前ながら140字限定である。だからこそ、そういうヤバいツイート群を大量に連続ツイートしないと私の脳みその中を出し尽くせないという訳で、他者にとって自分は迷惑な存在なのではないかと思っていた。ははあ、ボケーッと文章を書いていたら何故ブログを始めようと思ったのか多少クリアになった気がする。変態的大量ツイートを行う事に罪悪感があったのか。なるほど。だから大量に文章を書けるブログと言う媒体を使おうと思ったのかもしれない。へえ。まあ本当の所は自分のことながら知らんけど、丁度いいブログを開始する理由付けにはなっているのではないだろうか。

 

とはいったものの、恐らくそこまで変態的な内容のブログを書く事は(少なくとも暫くは)ない気はする。ツイッターでのツイートよりもブログ記事の方が私のことを知らない人間の目に入りやすいのではないかという無根拠な考えが私にあるからである。だからといって、何か凄いためになるような有益な事は書かないだろう。読んでも読まなくても同じじゃねーか時間返せ訴訟みたいな記事しか書かない自信がある。そのような類の自信に満ち溢れ、私は生きているなう。

まあそもそも今後何らかの記事を書くかも謎であるのだが。