暗いなあっていう話

 

今日は勉強をした。

 

土曜日に研究室の院生たちと三人で街に遊びに行った。公園で四葉のクローバーを探したり、古本屋で本を見たり、牧歌的な数時間を過ごした。人と会っている間は真っ当な自分に戻れるので安心できる。一人になるともう駄目人間に戻ってしまうので、どうしようもない。

 

もう心の瘡蓋もはがれ始めて、そろそろ生きねばと思うのだが、希望は見つからず、絶望は依然として後ろから項を噛み続けているので血は止まらない。いい加減疲れ始めている。そしてかなり焦っている。そろそろ希望を見つけないと生きられない。全部下らないと唾棄して哄笑の一つでも出来れば違うんだろうが、それも出来ない。背中にぴったりと張り付いた絶望を引きはがすための希望を手に取らないと何も始まらない。

 

どうでもいいんだけど、ゆずとコブクロの違いがイマイチ分からないのと、小雪篠原涼子の違いがイマイチ分からないのを、今まで誰にも同意してもらったことがない。それとは別として、相互理解なんて畢竟幻想だと昔から思っているし、他者に期待する人間はなんかよーわからん事をしているなと思う。昔はそれこそ人間に期待しようと努力していたのだが、もうそれも止めてしまって、生きている気がしない。かといって、また人間に期待しようとか、信じようとか、希望を持とうとか思わない。努力しないと出来ない事なのだ。努力をして、無理をするのには非常に精神力を使うのだ。そんな疲れる生き方をまたしようと思えない。

余生。

余生だなと思っている。他人に期待しようとか信じようとかそういうのを止めた時点で、私の人生はもうほぼ終わっていて、今はもう余生だ。60年ほどあるであろう余生の中で、勝手に背負いきれない程の絶望を背負って、途方に暮れているのが今の私だ。他人から見れば、芸能人が結婚したというだけだろう。下らないと笑われる類の絶望だろう。でも私にとって彼女は本当に心の底から真実に女神だった。どうしようもない程に信仰していて、どうしようもない程に心の底から愛していて(一応言っておくがエロスではない)、どうしようもない程に美しくて、どうしようもない程に女神だった。勝手な絶望とはいえ、それは精神の生を脅かすほどの絶望で、でもそれは女神からの最後の賜物としての絶望で、簡単には降ろす事の出来ない絶望なのだ。重い絶望を背負いながら、毎日涙をこぼすしか出来ない。

 

だからといって、今のままでいられないというのが正直な気持ちで、生きる上で重すぎる背中の絶望を、補助器具か何かで軽くしたいと思っている。それが新たなる希望で、それを見つけなくては重みで潰れてしまうだろう。希望を見つけようねって何日か前のブログでも書いた気がするけど、見つからない。難しい。でもその場しのぎでもよいから、張りぼてのすぐ壊れるのでよいから、何かを見つけなくてはならない。それも早急にだ。頑張ろう。

 

 

 

 

 

愛玩動物だよねっていう話

 

今日は頭が酷く痛んだ。

 

同居をしている文鳥氏が身体に初めて乗っかってくれた。彼(彼女)の中の人間への信頼感が少し回復してくれたようだ。嬉しい。身体に乗っかってくれるまで剥き出しの太ももを嘴で容赦なくつねられたのだが、これも人間への信頼回復のためじゃここで動いたら台無しじゃわいと思い、ひたすら痛みを我慢して(これは愛する文鳥氏を助けるための拷問なのじゃと妄想し続けた)じっとしていたのが功を奏したのかもしれない。先程太ももを見てみたら全治三、四日くらいの惨状になっていたが、この程度のケガで文鳥氏の信頼を少しでも得られるならお安いものだ。めっちゃ痛かったけど。もう少し信頼が回復して、普通に身体に乗っかってくれるようになるまでは叱らない事にする。勿論叱るったって「ダメよ」と言うだけなのだが。

文鳥氏を幸せにしてあげたいという気持ちで文鳥氏に接している。狩りなどに用いない愛玩動物というのは結局人間の可愛い動物を手前勝手に可愛がりたいという人間の自分勝手な感情から生じていると考えているので、その分、ベッタベタに可愛がってなるべく良い環境で生きて欲しいと思っている。正直に言えば愛玩動物たちへの罪悪感や後ろめたさはある。でも、今一緒に住んでいる文鳥氏は愛玩動物として生まれて誰かのペットになるかペットショップで一生を終えるかだったはずで、それならどの私が愛玩動物として生まれた可能世界の文鳥氏よりも現実世界の文鳥氏を一番幸せにしてあげようという気概で接している。

文鳥氏にとって何が幸せなのだろうか。私の幸せにしてあげたいという気持ちから行っている行為が全部文鳥氏にとっては鬱陶しかったりして、などとよく考える。過去何回か文鳥達を飼ってきたが、いまだによく分からない。ペットにとっての幸福って何なんだろうなあ。

 

 

 

 

希望だよねっていう話

 

今日は太陽光が強かった。

 

新たなる希望を見つけなくてはまずいのである。流石にやっぱり絶望は絶望のままで希望にならなくて、血だるまになりながら絶望を掻き抱き続けたらそれ出血多量で死ぬわ、という気付きに至った。女神様からの賜物はあくまでも絶望的過ぎるほどの絶望で、それはやっぱり生きる希望に変化しないやつである。女神様の賜物だからといって、絶望が生きる希望になり得るわけがなかった。

で、スターウォーズの副題みたいな冒頭に至る。今朝至った。精神衛生がどん底で更にここ数日風邪を引いていて体調もぐちゃぐちゃで、全てが最悪最低な世界の砂漠の砂みたいな無味乾燥さを口いっぱいに詰め込まれて「咀嚼しないとひよこが毎秒10羽ずつひもじい思いをする事になるぞ」と脅されている感覚に襲われながら大学の喫煙所でタバコを吸っていた時、ドツボに嵌っておる。このままじゃダメじゃわ。このままじゃ生きていけなくなるわ。希望だ。新たなる希望を見つけなくては。と思ったわけである。

 

希望、生きる希望。難しいのである。大学からの帰り道で、太陽光と戦いながら(多分負けた。今でもうなじがジリジリしている)考えてみたのだが、希望っていざ見つけようとしても見つからない系のアレ。ない。希望がない。新たなる希望がない。生きる希望がない。困ったなあ。日常的な、些細なのでいいんだと思うんだけど。

 

 

 

 

太陽と憎み合ってるっていう話

 

今日は大雨だった。

 

大雨は嫌いではない。大きな雨粒が屋根に当たる音が好きだからである。だから台風とか大雨とかは好きなのだが、だからといって梅雨は好きではない。来る日も来る日も雨が降り続けるのはまだ良いとしても、あのジトジトネトネトとべたつく湿度はどうにかならんのか。暑さに滅法弱い私にとって、湿度と太陽は天敵なのである。ああまた梅雨が来て夏が来る。夏が来たら研究室の合宿がある。ああ嫌だ嫌だ。嫌だ。はやく冬になればいいのに。本日のBGMは倉橋ヨ〇コのマネキンだった。ポジティブ度は一歩下がった。

 

そういえば、紫外線アレルギーと診断された(多分)鎖骨の発疹がようやく完治した。紫外線アレルギーの存在を知らなかった私はお医者さんの「前日に太陽光に一時間当たったの、んー太陽光ですね云々」という説明を聞いても「意味が…分からんぞ…」としか思わなかったのだが、そういうのがあるらしい。だってお医者さんってば具体的病名も言わずにふわふわした説明をなさったから、イマイチ分かんなかったんだよ!で、帰って色々あってネットで調べてみたら、画像検索で出た多型日光疹とかいうのが見た目まんまだったので多分それなんだろう。サイトを巡っていたら、日常太陽光にあまり当たらない人がなりやすいと書かれていて、笑った。そりゃ一日中部屋にこもっている事が殆どなのだ。そりゃそうだ。しかも原因不明とか書かれてて何それ怖い状態である。見たサイトには日光に肌を慣らすことがよいと書かれていたのだが、日光に暫くあたったら皮膚が赤くなって火照ったり、最悪熱が出たりするので正直あまり当たりたくない。

で、お医者さんに発疹の完治には一、二週間かかりますと言われ、本当に完治まで約二週間かかったので、あのお医者さんの言った事は正しかったのだなあ流石だなあと感心している。最初の頃は貰ったステロイド外用薬塗ってたら三日くらいで治るだろと思っていたのだが、全然治らなかった。特に最初の一週間くらいジカジカと痒くてどうしようもなかった。貰った抗ヒスタミン剤も真面目に飲んでたんだが、ほんとに二週間かかるのだなあ、これからが面倒だなあと思う。だって、一時間弱直射日光にあたったらアレルギーが出てしかも発疹がかなり痒いって生きる上でかなり面倒くさくないか。これっきりにして欲しい奴である。日光に長く当たったらまた出るんだろうか。やだねえ。

 

生来肌が弱いという事もあるのだが、何より暑さに極端に弱いという事もあって、太陽光が大嫌いで大嫌いでもう憎んでいたのだが、遂に太陽光にも嫌われたようだ。ウケる。憎しみの連鎖かなんか?まあ、お前が憎い憎いと言いながら恩恵だけはしれっと受けてる奴とかそりゃあムカつくわな。なのでなんか太陽が自らの太陽光パワーでもって、こう、紫外線を私にだけ強く照射したとか、なんかそういう陰謀論めいた話が裏にあるに違えねえのだ。太陽光とは一生敵対して憎みあいながら生きていく事になるようなのだが、これからも太陽は必要最低限地球を照らしてくれ。植物の育成とか何かそういうのもある。な?分かるだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

何もなかったよねっていう話

 

今日は遂に特筆すべき事がなかった。

 

今日も一日外に出ず、うだうだ論文を読んだり軽くゲームをしたり授業の担当準備でレヴィンソンの論文を読んで、レヴィンソンの文って読みにくい所あるけどロックに比べたら全然ましだなあなどと思っていた。いつも通りだ。あ、でもゲームは久々に触った気がする。この間からゲームしようと思っていたのだが、結局そういう気分にならず放置していた。逆転裁判ポケモンも全然進んでない。ポケモンは一応チャンピオンになったのでまだましだが、逆転裁判は1-4までして追加シナリオの1-5と2と3には手すら付けていない。すまんな、なるほど君。君の裁判はこれからだ。今後、冥ちゃんとか御剣とか(ていうか今後御剣と戦うの?)と戦え。あ、キャラとしては真宵ちゃんが好きである。彼女は絶妙なバランスで成り立っている愛されキャラクターだと思っている。真宵ちゃんは凄い。

 

現時点で私が感じる真宵ちゃんのキャラクターとしてのバランスの凄まじさについて語ってもよいのだが、まだ語る元気もないし、まずは逆転裁判1-5と2と3を攻略してから語る事にする。いつになるんだ…。今日のBGMは倉橋ヨ〇コの泣き止め剤だった。だって大人なんだもーんとヨ〇コと一緒に歌った。ラブサイケ〇リコを脱して、少しポジティブになった。倉橋ヨ〇コは三つの理由で好きである。第一に、歌詞にネガティブな只中でも生きようとする妙に捻じれたポジティブさがあるからである。第二に、単純にメロディーと編曲が好みである。そして第三に人生における活力のかなりの部分を恋愛に割いている感じがするからである。第三の点に関しては、いいなあと羨望の眼差しを向けている。因みに好きな曲は不安のお山と昼の月です。不安のお山は歌詞的に修論を書く時に聞くべきじゃないんだろうが、かなりリピートしていた。歌詞が余りにも心情そのままだった。不安の山でぺっちゃんこだよほんとにもう。という感じで。昼の月は私の人生テーマソングなので、多くを語らない。もう分かっているとは思うが、私は生来根がド暗いのだがそれではそもそも生きていけないと思い(根暗で変態で気持ち悪いとかどう考えても真っ当に生きていけない)、人生の途中で根アカっぽい見た目や根暗でない発言ばかりを行うよう自らテコ入れを行った人間なので、なんていうかヨ〇コの精神ネガティブだけど意地でも生きてやらあ!みたいなそんなのが凄いしっくりくるのだ。

真っ当な普通の人間を演じるというのにも最近少し疲れてきた感がある。気を抜くと外でもずるりと皮が剥げる。真っ当そうな外面の下に隠した歪んだ変態性やぬるぬるした後ろ暗い欲望が随所(研究室とか飲み会とか)で出てしまうのだが、もうなんかどーでもいいわ、キモいヤベー奴だと思わせとけ、それが事実じゃい!ファクトじゃい!!文句あっかコラ!!そもそも一時的にしか俺の気持ち悪さと相対しないお前らはまだマシなんだよ!!俺なんかこんな気持ち悪いのと24時間365日ずっと脳内で同棲してんだぞ!?!?分かるかこの気持ちが!?!?この!!気持ち!!!が!!!!おら!!!!おら!!!!ううううううううらあああああああああああ!!!!!みたいな気持ちでもある。例のアレのせいで活力を奪われ、それを行う気力がないというのもあるとは思うのだが、何にせよ無理したらダメねというのがここ最近の結論である。無理は無理だから無理なんだよなあ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

とりとめないなあっていう話

 

今日はコンビニの冷やし中華を食べた。

 

ここ数日ツイッターを休んでいるので、ブログは書こうとしている。ツイッターは他人の呟きを見るのが目的の一つであり、息をするだけで心が血まみれ状態の私には他人の発言を見るという事がまだ少し難しかった。その点、ブログは他人の発言を見る事なくどーでもいー事を長文でダラッダラ書けるので気が楽だし、リフレッシュとリハビリになる。なので心がある程度回復するまで毎日なんでもいいから書こうと思っている。よろしこさま。しかし、少しブログが好きになった。なにこいつ…意外といい奴じゃん…みたいなアレです。その後九割九分の確率で恋に落ちるアレです。でもまあ生きるのが辛いのは相変わらずである。生きるので精一杯すぎて風呂に入るのが億劫で、でもそろそろ入らないと臭いがやばそうだったので、先程二日ぶりにシャワーを浴びた。汚い。ラブサイケ〇リコのlastsmileをエンドレスリピートして生きている。ツイッターに復帰するのが何時になるか、正直分からない。

 

生きるのが辛い原因は恋ではないので失恋ではないのだが(神を失ったので失神だろうか。知らん)、失恋ってこんな感じなんだろうかと冷やし中華を食べながらふと思った。失恋をしたことがないのでよく分からんが、ひょっとしたら重なる部分はあるのかもしれない。恋なのか分からないのだけれど、心から愛している人は一人いて、その人が結婚するとか言い出したらどうなるんだろうなあ。嬉しい筈なのに喜べずに、多分喪失感と自分の性別への呪いで精神が死ぬんだろう。自分のセクシャリティがよく分からなくなって、はや約五か月経つのだが、この事については違う時に書こうと思う。混乱したままで書いても余計混乱する気しかしない。よろしくない。閑話休題、失恋というのを有難い事に(有難いと一度も思った事はないが)一度も経験した事がないので、比較検討できない。言うまでもないが、失恋をしたことがないというのは恋愛強者的な意味合いではなく、一度も能動的に人を好きになった事がないという意味である。

 

で、失恋とはどんな感じなのかしらと思いつつ無感動に冷やし中華を咀嚼していたら、10日ほど前から同居している文鳥氏が話しかけてきたので焦った。恐らくヒナの挿し餌だけ店長がして、それきり文鳥達の入った籠に放置だったのだと思われる文鳥氏、人間に慣れておらず、人間に対する信頼があまりない。最初はいきなり環境が変わるわ家にはヤベー奴しかいないわでかなりビビっていて、鳴き声もあげずただじっとしていた。そんな状態の文鳥氏に私が何か出来るという訳でもなく、一週間以上一方的にただひたすら裏声で話しかけ続けていたのだが、ここ数日でようやく私と会話してくれたり私の顔を見たりしてくれるようになった。そんな状況だったので話しかけてくれたらなるべく文鳥氏の顔を見ながら返事をしようと心掛けている。でも口の中に食べ物が入っていたら舌を鳴らしたり喋ったりできないので、あわてて冷やし中華を飲み込んだ。今年初めての冷やし中華だったのだが、無感動にかつ急いで食べたのもあって感想はまるでない。冷やし中華だったなあくらいだ。

 

かなりとりとめのないブログを書いた。特筆すべきことはこんな感じだ。

 

 

 

 

 

DNAレベルだよねっていう話

 

今日は腕を組んで前を歩いているカップルに手に持っていたコーラをぶっかけたくなった。

 

リア充への憎しみが消えない人間である。これはもはやDNAに刻み込まれている宿命じみた憎しみで、自分がいわゆる「リア充」と呼ばれるであろう状態になったとしても、リア充への憎しみは消えない。道端のカップルを見ればいてもたってもいられず、彼らの間を通り抜けてやりたいと衝動的に思ってしまうし、手を繋いで歩いているカップルを見れば繋いだ手と手を空手チョップで離してやりたいと思ってしまうし、腕を組んでるカップルがいたらもう手に持ってる全てを投げつけてやりたいと思ってしまう訳である。

そんなこんなで暗い青春を送ってきたんだなという事が薄っすら透けて見える事を書いたが、昨日用事で出かけて面倒だったのでフラッと入った回転寿司屋のレジのお姉さんが綺麗だったのでもうよい。本当に綺麗だった。松〇奈緒の目を更にインド人的に大きくぱっちりしてみたみたいな。私は鼻の大き目な女性が好みではないのだが(だから松〇奈緒も勿論綺麗だと思うが好みではない)、それでもそのレジの人の綺麗さには見惚れた。ぽかーんみたいな感じで見ていた。サングラスかけててよかった。少しだけ元気が出た。おわり。