整理しないとなっていう話

 

今日は読書会が二つあった。

 

生きるのが辛くなると文章を書いて生きてきた。ネガティブとポジティブが複雑に絡み合った首を絞めてくる感情も、一旦文章にしようとすれば不思議な事にするすると解けていって、明確に言語化できた。それがフィクションか日記かは関係なく、とにかく文章にして感情に整理をつけて何とか生きてきたのだ。というわけで今日も生きるのが辛いので文章を書く。私にとって文を書くということは生きるために必要なのだ。生きよう。

寄る辺ない殺意に苛まれ、それに蝕まれないように生きるべきであると思うのだが、難しい。もちろん実際に誰かを殺したいのではなく、ぼんやりとした破壊衝動の延長線上みたいな、全部を壊して荒れ地にしてやりたいっていう、そういう類の感情は程度の差はあれ誰しもが持っていると思っているのだけれど、私はそれに頻繁に苛まれるタイプの人間である。それに背中を抱かれると、壁がプリンになったらいいなとかそういう牧歌的な事を考えるようにしていたのだが、最近上手くいかなくなってきた。

自分がこういう状態になったらこういう対処をするというマニュアルが脳内にあって、それに従って比較的安定した精神を保とうと努力してきた。それこそ寄る辺なき破壊衝動がやってきたらプリンのことを考えるとかそういうのも対処方法の一つである。自律神経が乱れてきたら太陽が出ている間に運動をするとか、苛々してきたら音頭を踊るとか、そういう自分用マニュアルが大量にあって、それに沿って生きてきた。

ただ、今月に入って、例のあの事件があって、それから少しずつ自分と世界の間にある歯車みたいなのが噛み合わなくなってきて、それに伴いマニュアル対処が上手くできなくなってしまった。本来マニュアル対処しなくてはならない状態になっても、対応が追い付かない。多分自分に対応する気力みたいなのがまだないんだと思う。逐一マニュアル対応をしなかったせいで、様々な感情や衝動や欲望が絡まりあって太い縄になって、自分の首を絞めているのが現状で、それで文章を書かないとってなって、このブログを書いている。複雑に絡まったものの一部は解けつつあるのだが、まだ一部分で、書かないといけないことはまだある。

 

最近大好きなあの子の事を考えることが多い。具体的に何してるかなとかそういうことではなく、ただぼんやりあの子の事を、あの子の全体を考える。あの子には本当に本当に幸せになってほしくて、ただそれだけだった筈なのに、実際あの子が幸せになる手段として恋人を作って結婚するなどとなったらどうなるか分からない。きっと自分の性別を呪うのだろう。あの子とコミュニケートをとる度、私は自分の性別を呪ってきた。男だったらよかったと思ってきた。勿論、私が女じゃなかったらあの子とここまで仲良くなってないだろうし、男であってもあの子と付き合えるわけでもないことは分かっている。あの子は女の子で、私も女で、でも世界で一番あの子を愛していて、でも私は女で、でも愛していて、でも、でも、でも、と延々と続きそうなこの感情を正直受け入れられていない自分がいて、もし私が男だったら「通常の」感情としてこの感情をきっと処理できたのにという気持ちが正直に言えば、ある。私は自分がヘテロだと思っていたけれど、でも思い返せば初めて衝動的にキスしたいと思ったのは中学校の女友達に対してだったし、男性にキスしたいとか衝動的に思った事は一度もないし、でも男性としかセックスできない気がするし、でも愛してるのは女の子だし、でも男の恋人もいるし、でも、でも、でも、という混乱が生じている。そしてその混乱を受け止められる余裕が今はない。混乱しているのは確かなのに、「私は今混乱している」ということすら怖くて心の底から受け入れられていないのだ。

 

ある程度すっきりしたので、整理すべき感情はまだあるのだが、一旦筆をおこう。バーイ。