読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仄暗いなっていう話

 

今日はのり弁当を食べた。

 

死が怖くないというのと生きたくないと思うのは全くの別問題で、私は物心ついた時から死という概念を栄光であるという人々を周囲に持って生きてきて(キリスト教だと死んだら天国に行けますからね)、だから死自体はそこまで怖くない方だと思うけど、本当にギリギリまで生きていたいと強く思っていて、遠い昔ネットの片隅で見た、投身自殺生配信みたいなのでほんとにマンションから落ちちゃった女の子の動画(本物か作り物かは知らない)の録画の切り抜き動画で、その女の子がマンションの廊下の柵の上に立ちながら怯えて震える声で「死にたくないよ」って言ってたのを、のり弁当を持ち帰ってる最中に唐突に思い出して、なんだか変な気持ちになった。本当は死にたくないけど色々なものに押されたり引っ張られたりで死なざるを得ない人は結構いるのだ、複雑だなあ難しいなあと思う。隣人すら愛せない無力な私は、苦しんでいる人が隣にいてもただ何も言わずに見つめるしか出来ないのではないか。私ではない他者を救いたいと思う事すらどこか傲慢なように感じられる。

 

あなたの隣人を愛せよというが、隣人を愛するのって一見簡単そうだけど一番難しいので、ジーザス痛いとこつきやがるといつも思う。隣人は隣人なだけあって嫌なとこも見えるわけで、つまり隣人の人となりをしっかり知ったうえで愛しちゃれよ赦しちゃれよと言われても難しい。遠くの世界の端っこに住んでる人を愛してみろ、赦してみろって言われたら、ソイツがどんな人間でどんな事をしたのか知らないし、そもそも存在してるかも知らないし、更には私に関係してない人間だしで、比較的簡単に出来る気がする。でも隣人を愛するのはかなり高難度で、もう通常の人間には無理だろっていうアレだ。まあ人間に出来ないからこそそれが出来る神はパねえって話になるし、達成できない目標があるからこそ人間は一生謙虚に生きられるので、効果みたいなのはかなりあると思っている。よくできてるなあと感心すらする。

 

私が見た動画が本物か作り物かは非常に些末な問題で、画面越しだけど生配信の録画の切り抜きだけど女の子は確かにそこにいた。夜中マンションの柵に突っ立って、ガタガタ震えながら息を荒げて「死にたくないよ」と言って死んじゃったかもしれない女の子。生温いのり弁を咀嚼して飲み込んでエネルギーに変えて生きる私。マンションの柵に立っている女の子を目の前にしたら、私はその子に何を言えるのだろう。何も言えない気しかしなくて、それは流石にどうなのさとのり弁を食べながら自分で思った。隣人を愛するのも他者を救うのも人間には無理だと思って生きてきたし、今後もそう思って生きていくだろう私は、隣人がマンションから飛び降りる時、何をすべきなのだろうか。別に生きる事が万人にとって幸せとは思わないし、だからといって目の前で死んじゃったら後味悪いし、いや後味悪くなかったら死んじゃってええんかいなとか色々考えてたらのり弁食べ終わってた。多分、私は女の子がもう少しだけ生きてみようかなと思う事をただひたすら祈ることしか出来ないと思う。女の子が自分の力で自分を救える事を願うしか出来ないだろう。無力だ。

 

のり弁はいつも通り美味しかった。