途中で書くのめんどくなった

 

本日はまだるっこしい文章が書きたくなったので、「実際の女子高生は所詮実際の女子高生で理想の女子高生じゃないので、妄想上の女子高生がやっぱり最高やでヒャッホイ!」という一言で言える事をまだるっこしく書きます。

 

 

現実は飽くまでも実際であり、醜さを必ず孕んでいる。醜悪さと美しさという二つの相反する性質の組み合わせで現実は構成されている。何かを見ようと目を凝らす時、必ず醜悪さが狭い瞳孔から入り込み、結果目は傷付いて痛みだす。その点妄想は美しい。美しい部分だけを継ぎ接ぎして全体を構成すれば、結果美しい総体が出来上がる。切り裂けば生臭い血が溢れ出る事はなく、妄想を切り裂けば傷口からはそれを膨らませていた空気が漏れるだけだ。妄想は幻想に過ぎない。現実ではない。だからこそ癒しがある。目を背けたくなる現実にではなく、張りぼての美しい幻想に身体が包まれた時、私は余りの痛みに閉じていた目を初めて開ける事が出来る。

一人で佇む女子高生が好ましいのは、その女子高生の実在性が私にとっての現実にたどり着いていないからだ。彼女の呼吸によって微かに蠢く胸や程よく肉のついた脚やしなやかな黒髪は、血の匂いのない薄っぺらい映像のように私には感じられる。彼女の真っ直ぐに閉じられた唇が、恐らく彼女の実在性をせき止めている。彼女の口が開き、彼女が言語を操って自分についての何かを喋りだすその時、ようやく彼女の実在性は私のいる現実にたどり着く。彼女の血生臭さが鼻につき始める。

どれだけ美しい少女であってもその少女が人間である限り、宿命的に醜さを持っている。身体的な醜さか精神的な醜さかという事は些末であり、とにかくも人間である限り醜さを持つという点が肝要である。彼女の持つ醜悪さ、血生臭さが私のいる現実に辿り着いた途端、私は目を閉じざるを得なくなり、彼女の目の前から嘆きながら立ち去らざるを得なくなる。実在へと辿り着いた少女は、肉の詰まった肢体を持ち生きる存在者である。例え見目が麗しくとも、その少女は私のいる現実の中に入り込み、そこで生きているという時点で最早美しさ以外の性質に身体を侵食された私と変わらない眇眇たる存在者に過ぎない。彼女たちに癒しを求める事は出来ない。

痛みに目を閉じた時、眼前に広がる暗闇の中に見えるのは現実ではなく幻想である。その時私の目の前に立つ少女の創造主は私であり、彼女は私が美しいと感じる部分で構成された形而上の少女である。口を開いても幻想の中に詰まっているのは空気だけで、まるで空気で膨らますダッチワイフみたいだね、と私が囁くと、形而上の声で彼女は「そうかもしれない」とだけ言う。彼女は張りぼての、美しさを継ぎ接ぎして出来た幻想にすぎないが、だからこそ私の目は彼女によって癒え、再び現実を見るために目を開ける事が出来るのだ。

 

 

まだまだ書けるけど、疲れたのでおわり。尻切れトンボ感が否めないな。知るか。よいのだ。これで「まだるっこしい文章書きたい欲」は半年分くらいの量を解消できたのでよいのだ。偶にこういうまだるっこしい文章書きたくなるよねー。