これは私ですか?(2期)

私ではないだろうか

苦手だっていう話

 

今日はブログを書こうと思った。

 

二日連続でブログを書くとは中々殊勝だ、私。こんな事では誰も褒めてくれないので自画自賛をしておく。ご褒美に今さっき発見したアイスクリームでも食べようと思う。周囲の人間が誰も私を褒めてくれないので、いつの間にか下らない事でも自画自賛する癖がついてしまった。これは私の周囲が私を褒めてくれないのが悪い。私は悪くない、悪くないのよ!サイコパスとか気持ち悪いとか言われるけれど、私は清廉潔白ピュワー人間なのよ!社会が悪いのよ!ギャース!

こんな感じで適当に社会に責任を擦り付けておく。私ごときに責任を擦り付けられる社会には同情を禁じ得ない。許せ、社会。

 

昼過ぎにチャイムの音で起きた。チャイムって本当に嫌だ今日は不吉な日だと思いつつ寝巻のままで応対した。訪問者には失礼だが待たせる方がもっと失礼だろうし、などと誰にという訳でもなく言い訳をしつつ、「すみませへん」と言いながらドアを開けた。その途端、宅急便の配達員に実家から届いた段ボール箱を手渡された。は、そういえば親からの電話で今日届くように荷物を送ると言われていたのだ。すっかり忘却の彼方に置き去りにしていた。よろしくない。とりあえず親に「荷物届いたよありがとう」とメールを送る。どうだ、殊勝な子供だろう。ドヤァドヤァ。だが何故か段ボールを開ける気にならなかったので、そのまま放置した。

チャイムと電話の着信音がどうも苦手だ。勿論それらが決定的に苦手になった出来事がそれぞれにあるのだが、それらの出来事が起こる前からやっぱり苦手だった。つまり、産まれた時から根がコミュ障である私にとって嫌な音っていうだけなんだけど、とにかくどちらも私にとって不吉で不快で恐ろしい音なのである。早くそういう応対とかやってくれるアンドロイド出来ねえかな、見た目が16歳の美少女だったら尚良しだよな等と考えつつ送られてきた段ボールを茫漠と見ていたら、いつの間にか結構時間がたっていた。

 

起き抜けにその不吉さが予言された今日は、予言に反して普通だった。